果物

控除など

飲食店を経営する際には、さまざまな申告をする必要があります。申告をする際には、税理士に依頼することが確実で簡単 More »

野菜

節税対策

飲食店を経営する経営者にとって、税に関する最大の関心ごとは節税対策だといえます。効果的な節税対策を行うためには More »

 

控除など

果物

飲食店を経営する際には、さまざまな申告をする必要があります。
申告をする際には、税理士に依頼することが確実で簡単な方法だということができます。
税理士に相談することで、申告の方法から、将来の節税に有利な方法などを教えてくれます。
短期的には費用がかかりますが、長い目で見ると飲食店経営では税理士に依頼したほうが得をすることになります。

申告の方法には、青色申告と白色申告があります。
飲食店を経営する際には、どちらの申告を選択するか迷う場合もあります。
基本的には、青色申告を受けるほうが、飲食店には有利だといえます。
青色申告をすることによるメリットを飲食店は享受することができるためです。

・青色申告特別控除
青色申告をすることによるメリットとしてまず、青色申告特別控除を受けることができます。
青色申告で帳簿を作る代わりに、控除を受けることができます。
控除額には10万円控除と65万円控除があります。
この控除額を所得ぶんから差し引くことができ、引いた分には課税されません。
最低10万円ほどの節税になります。

・繰越控除
青色申告を作成することにより、飲食店は3年間の赤字を繰り越すことができます。
正確には、純損失の繰越控除といいます。
飲食店の経営を始めたばかリの頃は、多くの費用がかかります。
家賃や必要な設備費など、その額は決して小さいものではありません。
この繰越控除を利用することで、かなりの節税になります。

・減価償却の特例
減価償却を利用して、10万円位上30万円未満のものを経費に計上することができる特例です。
たとえば、冷蔵庫やガスレンジなどを経費にすることができます。

以上のように青色申告をするだけで、節税につなげることができます。これらの控除により、住民税や所得税の節税にもつながります。
また、家族を雇う場合も控除を利用できます。

節税対策

野菜

飲食店を経営する経営者にとって、税に関する最大の関心ごとは節税対策だといえます。
効果的な節税対策を行うためには、少々費用がかかっても、税理士に依頼するほうが安心できます。

・節税対策
節税とは、納税の義務を果たしながら、できるかぎり納税額を節約することをいいます。
節税に対して、脱税というものがあります。
脱税とは、法律を侵して、税金の節約を行うことをいいます。
脱税は、違法であるため、脱税をすることで何らかのペナルティや社会的な信用を失うことになります。
そのため、法律に則った税金の節約が必要になります。

節税対策を行うには、控除を利用することが必要です。
控除とは、国が、納税の負担を考慮し、売上の少ない場合や、必要経費に対して課税を免除することをいいます。
企業が控除を利用する方法にはさまざまなものがありますが、税理士に相談することが確実です。
法律の変更に伴い、新たな情報が必要にもなります。
忙しい経営者が全ての情報改正を考慮するのは難しいものです。
そのため、税理士に依頼することで、法律の変更は専門家に任せることができます。

ただし、税理士に依頼する際は注意が必要です。
税理士には、納税の義務を重視するタイプと、節税を重視するタイプに分かれるためです。
飲食店の経営者としては、節税を重視するタイプに依頼するほうが、経営に有利に働きます。
また、飲食店について詳しい税理士に依頼するほうがいいといえます。
詳しく、どこが節税できるのかについては、経験も必要になるためです。
飲食店経営に特化した税理士事務所も複数あます。
利用する際には、いくつかの事務所に見積もりを出してもらい、細かい質問をしながら、目的に合った税理士に依頼することが必要です。

節税対策では、脱税にならないようにすることも必要です。
脱税ぎりぎりの提案をされることもあるので、あらかじめ情報収集に心がけるようにしましょう。
現在では、多数の事務所をネットでも検索することができます。